神奈川県の方言について

神奈川県は東京都に最も近い県の一つであり、横浜や川崎などの大都市を抱えることから、標準語が話されているように思われがちですが、方言もあり、また県内の東部と西部でもやや異なります。総称して神奈川弁と呼ばれ東京の人たちにも多くの影響を与えています。

有名なものが、「だべ」や「だんべ」と語尾に使う文法です。これは国民的な人気タレントのSMAPの中居正広(神奈川県藤沢市出身)がよくテレビで使っており、関東地方の人は神奈川出身でなくとも知らず知らずのうちに使っていたりします。

さらにもっと有名なものは語尾に「じゃん」を使うものです。これはもはや東京、関東の人の多くが使っている語尾ですが、元々は横浜ことばでした。関西弁の「やん」に相当する言葉です。

西部地方は静岡の言葉に近いものもあり、足柄などでは静岡弁と共通の「ずら」を使うことかがあります。また、アクセントも西の方になっていくにつれて標準語とは違った訛りが出てくるのが神奈川弁の特徴の一つです。